晴耕雨読くらいがちょうどいい

適度にはたらき、適度に休むことを重視するブログ

ふんわりアナゴがうまい! 宮島の老舗、「うえの」さんに行ってきました!!

 

皆様こんにちは。アナゴ好きです。

丁度一年前、宮島のあなごめしを食べたいと「和田」さんに行った私と先輩。
 

blog.amenarayasumu.work

 


しかし。
宮島のあなごめしで、一番の有名どころは、宮島口のうえのさんなのです。
知人に「あなごめしならやっぱり、うえのさんには行っとかないと」と言われた先輩。

「うえの、行きたい!」

と。
一念発起し、うえのさんに的を絞って出かけることにしたのです。

下調べタイムはしっかりと


うえのさんといえば。
明治中頃の創業、人気過ぎて、いつ行っても並ぶイメージ。
お弁当なら並ばないかと思いきや、1時間待ちとか当たり前の世界なのです。

なので、先輩もさとりも、情報収集しまくりました。
なにせ、うえのさんはお弁当のみ予約可能で、店内利用の予約はできないので。

結局。
開店直後ですら普通に1時間待ちというブログ記事を信じ。
開店30分前に行くことにしたのです。

うえのさんは宮島ではありません。


うえのさんをご存知ない方のために。

うえのさんは宮島ではありません。
JR宮島口駅から、宮島桟橋に向かう道の、道すがらにあります。
地下道を降りて、2号線を越えて、また登ったら、人だかりができてるお店。
そこがうえのさんです。

f:id:ksrmx:20161009213125j:image:w240
これはごはんを食べた後に撮ったのですが、すでに満席の文字。

開店30分前、戦闘開始!


今回、開店30分前にお店の前に到着したら、すでに列ができていました。
店員さんが、一組一組にお弁当か店内かを確認されてました。
観光で来られてる方は、お弁当の方も多いみたいですね。
我々は店内利用なので。そのことを伝えると、名前を聞かれます。
順番が来たら、名前を呼ばれます。

f:id:ksrmx:20161009213847j:image:w240
そして、待合室みたいな場所に通されます

開店前ですが、中で待てるのはありがたかったですね。
ただ、長いすの後ろに何故か水道の蛇口がある場所があり、前に座った先輩の袖が濡れてましたが……
(あの水道は、何故あそこに……?)

ここからかなり待つと踏んで、それなりの覚悟をしていた我々でしたが。
なんと、開店直後に通されました!

「うわ、ラッキー★」

なので。
実質、30分も待っていません。


ただし、二人など、少ない人数で行くと、基本的に相席です。
ま、狭い店内(食べログによると、28席!)なので、仕方ないです。
私たちは、4人がけの個室っぽいところに案内されました。
目の前には、サラリーマンっぽいお兄さん二人が。

f:id:ksrmx:20161009214640j:image:w200
古い看板!


メニューは、
あなごめしは、小、並、上の3種類。
あとは白焼きがあります。
あなごめしはごはんの量とアナゴの量の違いです。


f:id:ksrmx:20161009215934j:image:w240
注文のオススメ(笑)

こういうメッセージの貼り紙があちこちにあるので、探してみるのも面白いです。
……しかし、ふつうって、なんだ?(笑)

まあでも、皆様ブログ記事でもオススメされていたので。
貼り紙通り(?)白焼きと、あなごめし(小)を注文しました。
ふつうかどうかはわかりませんが、ごはん1膳分とあなご1尾の組み合わせです。

ちなみに、お兄さん達は(上)を頼まれてました。
こちらはご飯2膳分だよ!

白焼きがやってきた!


注文してからすぐに、お兄さん達のビールがやってきました。
私たちは特にお酒が好きというわけではないので、普通にお茶です(お冷やではなく、あったかいお茶をいただけるのです。これはありがたい!)。

あまり待たずに、白焼きがやってきました。

f:id:ksrmx:20161009231520j:image:w360
二人で一皿頼みました!

小皿には、塩とわさびがついてます。

白焼きというだけに、タレは一切なし。
そのままいただいてもいいし、塩でもわさびでもいいし、テーブルに山椒のビンがあるので、それをかけても美味しいです。

さくふわのアナゴ、そのままでも美味しかったですが。
私は山椒が一番好きでした!
わさびは何気につけすぎた(笑)
しかし、辛いの好きなので、そのままいっちゃいました!

あなごめしがやってきた!!


白焼きのお皿が空になった頃、タイミング良くあなごめしがやってきました。

f:id:ksrmx:20161009232218j:image:w360
ほわほわのあなごめし!!

おみそ汁は、赤だしでした。*1
あと、奥にお兄さん達の御膳のが写っていますが。
しそ味の昆布(か、キクラゲ? プルプルしてた)の佃煮、広島菜漬け、沢庵もついてきます。

あなごのタレは甘味がきつくない、優しい感じでした。
そして、ごはんはたれごはんではなく、薄い醤油の炊き込みご飯で。
あなごのタレを邪魔しない、しかし、主張もしすぎない、美味しい炊き込みご飯でした!

あなごほわほわでうまいのだが。
……ご飯が多い。

最近量が食べられなくなったせいもあるのですが。
とにかくあなごに対して、量が多かったです。
結局ご飯だけ残ってしまって、最後はしそこんぶと沢庵、ガリで、ご飯をいただきまくりました。

しかし秋穂先輩は!


あなごめし(小)と白焼きだけでは足りないと仰せでした。
マジすか!
私、結構キツかったのに……

しかし。
3連休の真ん中の日曜日で、かなり並ぶと覚悟して行ったのに。ほぼ待たずに入れたので、満足して帰りました。

弾丸予定にしていなければ、朝イチ(開店30分前くらい)にお店に並んで店内利用で食べることをオススメします!
朝イチなのに、お弁当は1時間待ちって言われてたしね。
ま、元からお弁当って決めて、予約するのもアリだけど。

あと、食べログとは値段が変わってますので、ご注意を。
2016年10月現在、あなごめし(小)で、1750円。白焼きは1296円でした。

(参考)→うえの - 広電阿品/丼もの(その他) [食べログ]

*1:和田さんはあわせ味噌だったのに……ま、赤だしもキライではないのだけど、いつものやつが美味しいよね……