晴耕雨読くらいがちょうどいい

適度にはたらき、適度に休むことを重視するブログ

うちのzenfone5(アリア社長)が、上品なゴールドになったよ!!(View Flip Coverが届いたので装備しました!)

 

皆様、こんばんは。
3月からZenfone5を使ってはや3ヶ月が過ぎました。
Biglobeが上手い具合に1日あたりのパケット制限をなくしてくださったおかげで、使う日は使うけど使わない日は使わない、という感じで上手い具合にはまっており。
1ヶ月の使用量制限は超えないので、なかなか快適な通信ライフを過ごしています。
ホントに1500円(税抜)以上、使用料の請求が来ないので、感動しております。さすがMVMO。

ですが。

このzenfone5、はだかで持ち歩いているため(画面フィルムは貼ってる)、フィルムのかどっこが早速めくれてきています。

f:id:ksrmx:20150615001347j:image:w360
いやーん☆

いやいや、まだ角の方がちょみっと浮き上がっているだけなので、使う分には気にならないんですけど。
これ以上めくれあがると、ちょっと不格好な感じになるなぁと、気になっていました。
あと、フィルムに激しく傷がついてるんですよね。多分、鞄の中で、何かにこすれたんだと思うんですけど。
使って1ヶ月くらいには既にこんな感じになってましたからね。
半年過ぎたらボロボロになるんじゃね? コレ。

と、いうわけで。

zenfone5を購入する決め手ともなった、View Flip Coverを導入することにしました。
いや、本当は買ってすぐ導入しようと思ってたんですけど。
近所に売ってなかったんでね。
ちょっと買うのに通販を利用しなきゃなので、踏ん切りつかなかったんですよね。*1

今回は楽天の某ショップ通販を利用しました。3200円なーりー。

f:id:ksrmx:20150614235725j:image:w360
キター!!!

左は使用中のzenfone5(通称:アリア社長)、右が今回購入したView Flip Cover。色はゴールドです。

f:id:ksrmx:20150615001407j:image:w360
開封の儀。

f:id:ksrmx:20150615001444j:image:w360
うりふたつな、後ろ姿。というよりも……

純正のケースは、本体のカバーに、前のフリップがくっついたデザインになってます。
なので、ビビッドなレッドだったアリア社長は、おされなシャンパンゴールドに変身! しちゃうわけです。
かっちょいいぞ、アリア社長!

ただ、この背面カバー、とってもあけにくいんですけどね(汗)

f:id:ksrmx:20150615001428j:image:w360
ここのツメからこじ開けます。

f:id:ksrmx:20150615001459j:image:w360
装備完了!

f:id:ksrmx:20150615001516j:image:w360
窓がついた、フリップカバーがついたよ!!

f:id:ksrmx:20150615001534j:image:w360
これがパッケージの裏側。純正カバーと言えば、丸いカバー穴からのぞく時計だよね!!

そう。
この設定をしなきゃだよね。せっかく買ったんだし!

f:id:ksrmx:20150615001553j:image:w240
設定から「ASUS カスタマイズ設定」→「VIEW FLIP COVERを有効にする」をチェック。

f:id:ksrmx:20150615001610j:image:w360
背景が赤の千鳥柄ちっくなのがちょっと気に入らないが……無事時計表示になりました!

このカバーを開くだけで、電源がONになるのは便利でいいですね。
別に私はzenfone5では電話をしないので、カバーが縦に開こうが横に開こうが関係ないし。
もし電話として使っても、小窓から電話を受けることはできるようなので、問題なさそう。
フィルムもそのまま貼ったままで問題ありませんでした。これは嬉しい。

注意すべきは、後ろ側は裸と何ら変わらないので、落としたらダメージ軽減しないことですね。
ま、そのへんは別に今まで通り気をつければいいだけだし。
傷がついたら、元の赤いボディに戻してもいいし。

ああ、そうそう。
待ち受け画面は、赤い海から、黄昏の海へ変更しましたよ。
オレンジプリンセス! みたいな!!
(違います)

だからこそ……

だれかー。
千鳥柄の変更方法、わかりませんかー???

*1:それに、本当は上下に動くフリップカバーかなと思ってたんだけど……横に動くタイプだったので、ちょっと見送ってた