晴耕雨読くらいがちょうどいい

適度にはたらき、適度に休むことを重視するブログ

格安SIMに乗り換えたはいいが、周波数が対応していなかつた悲しみに……

 

(前回)→

blog.amenarayasumu.work

 

 


f:id:ksrmx:20141224222132j:image:w360

あれから幾年の歳月が流れた……(うそです)
皆様ごきげんよう、年末の慌ただしい日々、いかがおすごしですか。

前回、うきうきしながら*1、イーモバイル……いや、ワイモバイルのポケットWifiを解約。

今回は、その続きの記事でございます。

 

イーモバイルのGL04Pに、格安SIMが使える設定を施してみる。


イーモバイルの GL04P に、ONCモバイルONEの格安SIMを装備させようと、さとりはがんばりました。
使用PCは、Windows7です。
設定方法を説明してくれているHPが、Windows7だったので。

(参考)→Pocket WiFi LTE GL04Pの設定方法(Windows7) - OCN モバイル ONE -

こちらのHPによると、手順としては、

    • 新しいUSIMをさして、GL04PのWifiで、PCに接続する
    • ブラウザを開き、アドレス入力欄に[http://pocketwifi.home]を入力し「設定ツール」を起動する。
    • [トップページ]が表示されるので、[GL04P設定ツールログイン]の [ユーザ名][パスワード]を入力し、[ログイン]をクリック。※:工場出荷時ではユーザ名は[admin]、パスワードは[admin]。
    • 左のメニューから[設定]を選び、開いたメニューから[WAN設定]をクリック、[プロファイル設定]をクリック、[プロファイル設定]画面が表示されるので、[プロファイル名][ユーザ名] [パスワード][認証方式][APN]を入力または選択し、[保存]をクリック。
    • 画面が遷移し[設定情報のチェック][設定情報の送信]が「完了」と表示されたら[続行]をクリック。
    • [プロファイル設定]画面が表示されるので、[接続]をクリック。
    • [接続状態]画面が表示されるので、[接続先変更…]をクリック、[接続モード設定]画面が表示されるので、[プロファイルリスト:]を [任意に作成したプロファイル名]選択し[適用]をクリック。
    • 画面が遷移し[設定情報のチェック][設定情報の送信]が「完了」と表示されたら[続行]をクリック。[接続モード設定]画面が表示されるので、[ログアウト]をクリック。

……とまあ、長々と書きましたが。
要するに、一度目でOCNの設定を任意の名前で保存し、二度目でそれをGL04P本体に認識させる、という作業を、ツールを使ってやるんですが。


そもそもツールが立ち上がらないよママン……!


まあ、これは、私の使ってたブラウザがIEだったからダメだったんですが。
や、標準ブラウザがIEなもんで……Chromeだったら、ちゃんとツールが立ち上がりました。
あと、URLから見てもわかりますが、インターネット経由のツールなので、Wifiとは別に、有線のネット回線などに接続しておく必要があります。

f:id:ksrmx:20141230173924j:image:w240
無事にリンクできたらこんなイラストになります。リンクができていなかったら×マークになります。

f:id:ksrmx:20141230173936j:image:w360
設定ツール。この画面で、OCN登録時に入手したユーザー名とPassを任意のプロファイル名をつけて保存します。

f:id:ksrmx:20141230173948j:image:w360
設定成功しました。ちゃんとDOCOMOの表示が……

……3G回線だよ、ママン?!

なんてことだ。LTEがウリのOCNモバイルONEだというのに、3G回線のままだなんて?!
それどこの山奥ですか?! 一応、百万都市広島だよ、ここ?!

 

なんと! わたしは これを そうびできないようだ。


ネットで色々原因を調べてみました。
端末自体の設定は、LTEと3G両方つかむ設定になってる。
今まで設定したことある人のブログによると、確かにOCNモバイルONEは、LTE回線をつかみにくいという性質がある、らしい。*2
なので、LTEのみつかむ設定にしてみたんだが。。。

圏外だよ、ママン?!

……ここで私はとある一つの結論にたどり着いた。

広島は、LTE回線を提供していないのでは??
まさか、あんなにドコモショップでLTE、LTEいってるのに? 提供してないはず無いよね???

(……検索中)


そのまさかだった! まさかだったよ、ママン!!


そう。
じつは、こんなからくりがあって、広島ではLTEが圏外になることが判明したのだ……!
まず、基礎知識として、GL04Pの使用周波数は、LTE=1.7GHz、3G=2GHz、1.7GHz 。LTEは、1.7GHzのみ対応しているということを知っておかなければいけない。*3

そして、現在、広島地区のドコモのLTE帯域は、以下のようになっているのです。

f:id:ksrmx:20141230181718p:image
※Docomoエリアマップ(2014年12月末提供)より引用

なんだ、普通にXiのエリアじゃんと思われましたよね? 私も思ってました。
だけど、よく見てください。
下の方に、「速度別エリア」と表示されているのです。

実は、ドコモのLTEはこんなんになってます。

f:id:ksrmx:20141230181717p:image
docomo ダブルLTE紹介ページより引用。

どうやら、LTEでも、速度別でエリアが違うようで、150Mbpsが出るエリア、出ないエリアとあるようです。
そして、矢印のイラストの部分を見ていただけると、よくわかると思います。

1.7GHz帯を使おうと思ったら、ダブルLTE(150Mbpsが出るエリア)に対応していないといけないのです……!
めっちゃ対応してねぇぇぇぇ……!!

そら圏外になるはずですよ、電波出てないんだもん。

というわけで、私は当面、3GでGL04Pを使わないといけなくなったのでした。
かんべんしてよ、ママン……
ちなみに、2014年末現在、首都圏以外では提供されていないとのこと。*4
GL04Pで、LTE回線でドコモ格安SIMを使おうと思ったら、
・首都圏に引っ越す
・対応されるのを首を長くして待つ
・あきらめる
のどれかしかないのでした……

※勿論、OCNモバイルONEのLTEが 広島では全く使えないということではなく、他の2.1GHzLTE端末を買えばLTEで使えます。
例えば、テザリングができる端末とかね。



長くなりましたが、今回はここまで。
SIMフリーという言葉にだまされてはいけませんよ、というお話でした。
確かに格安SIMの月額料金は魅力的なんだけど、ちゃんと調べないとだなぁ……

 

*1:うそです。うっかり2年を過ぎてしまい、解除料金が9500円(税別)かかってしまうことになったうっかり八兵衛の悲しみでございます。

*2:なので、LTEのみつかむ設定にしておいた方が良いようです。

*3:使用する機種により、対応する周波数帯が決まっている。iPhoneですら、5か、5sか、6かで周波数帯が違う。

*4:なにやら規制がかかっているので、対応したくてもできないのだそうです